和田智代プロフィール

wada国内での多岐にわたる子育て支援経験と、海外数十か国での母子保健にかかわる国際協力活動を通じて得た幅広い視野と経験をベースに、グローバル社会を生きる子どもたちとその親、及び、子育て支援の専門職を対象として、「排泄ケアを通じたコミュニケーション(おむつなし育児)」「じねん堂インターナショナルスクール」など、「自分と相手の『ありのまま』を大切にする、豊かで幸せなコミュニケーション」に関する講座や講演会を全国で展開。また、自身のうつ病体験から、心理学やメンタルケアについても深く学び、若者から高齢者まで、様々な世代の心の悩みを抱える人々の個別相談にも応じている(カウンセリング&コーチング)

おむつなし育児研究所 所長
みらい子育て研究所 代表
じねん堂インターナショナルスクール 共同代表

職歴

image短期大学保育科卒業後、保育園にて保育士として働いた後、20代後半に米国の大学に留学し、途上国支援について学ぶ。帰国後、国内の大学院にて国際開発学修士号取得。
30代~40代にかけては、発展途上国での母子保健事業に従事し、アジア・アフリカ・ラテンアメリカ地域の数十か国の保健省をカウンターパートとして、社会調査やプロジェクトマネジメント、ワークショップ・ファシリテーター等の業務に従事する。

image-140代後半にうつ病になり、約2年間の療養生活を経た後、津田塾大学教授三砂ちづる氏による「赤ちゃんと排泄」に関する研究に関わったことを機に、三砂氏および研究チームメンバーと共に「おむつなし育児研究所」を立ち上げ、所長に就任。

現在は、神奈川県開成町に自宅兼オフィス『じねん堂』を構え、『赤ちゃんとの排泄ケアを通じたコミュニケーション(おむつなし育児)』『』大人と子どものコミュニケーションに関する様々な事業(講座・講演会)を全国で展開している。

語学力を生かし、子育てに関する海外の先進的な育児関連本の翻訳もこなす。

二人の息子を持つ母親でもあり、息子たちを日本・メキシコ・米国で出産・育児したため、海外の出産・育児・留学事情にも詳しい。

生活の場である神奈川県開成町では、NPO「あしがら農の会」に属し、農薬や化学肥料を使わない「米づくり・みそ造り・野菜づくり」を通じてささやかな自給的生活を楽しみながら、地域の仲間と共に「食の安全」について考える活動も行っている。

学歴

名古屋市立保育短期大学 保育科卒
米国World College West 教養学部 国際開発学科卒
名古屋大学大学院 国際開発研究科 修士号取得

資格

プロコーチ
メンタルケア・スペシャリスト(財団法人 メンタルケア協会)
保育士 幼稚園教諭
ワークショップ・ファシリテーター(ワールドカフェ等)